湿気の防止(室内干しを止めておく)

Sponsored Link

湿気の防止(室内干しの注意点)

諸事情で、洗濯物はいつも室内干しという方、現代では多いようです。
その場合、お部屋の中で最も日当たりの良いところを選んで干しているかと思います。

 

しかし、いくら日当たりが良くても、室内に洗濯物を干すということは、お部屋の湿度をぐんと上げてしまっているわけです。
それが毎日のことだとしたら、快適であるはずのお部屋に、せっせと湿度をため込んでいることになるかも。一度、湿度計で確認しておくといいでしょう。

 

理想としては、雨天でない限り、外の風に当てて干すのが一番です。
プライベートなものを外に干すのはちょっと…と抵抗を感じる方は、室内干しは下着類だけにとどめるなど、分類する方法もあります。
女性ものは室内、男性ものは外に干すというふうにして、室内干しの量が減らせれば、湿気を抑えることができます。

 

 

ただ、花粉の飛散や環境汚染の問題で、物理的に外では干せないという場合もあります。
その際は衣類乾燥機を活用しましょう。

 

とにかく、お部屋に湿気をためない心得として、一番いいのは外に干すこと、それが無理なら衣類乾燥機と覚えておいてください。
衣類乾燥機は光熱費が掛かりますし、しっかりと乾くまでには、けっこうな時間を要しますからね。

 

また、室内の湿気取りには除湿機を使う手もありますが、やはり毎日のこととなるとコストがかさみます。
こういった機械に頼るのは特に湿気がひどいときだけ、と考えておくのが賢い選択です。

Sponsored Link