お部屋の湿気取る方法

Sponsored Link

お部屋の湿気を取る方法

お部屋の湿気って嫌ですよね〜
一戸建てに限らず、マンションなどの集合住宅でも部屋数が多い場合は、どこかしらに湿度の高いお部屋があったりします。

 

建物の構造によってある程度は軽減されても、ご家庭内の湿気を気にしている方は多いようです。
「うちは気にならないわ」と思っている方も、よほどの湿気ではないので気づいていないだけかもしれません。

 

具体的に、湿気の多いところといえば、寒い時期に結露しやすいお部屋です。
窓ガラスが濡れてしまうほどのひどい結露は、窓際の床を腐食したり、じゅうたんにカビを発生させたりしてしまうんです。

 

そのようなご家庭では、すでに何かしらの湿気対策をしているかと思いますが、たいした結露ではないからと特に対策をしていない場合はどうでしょう。
窓が結露するということは当然、室内の湿度が高くなっているわけで、そのお部屋にしまったままのお布団や洋服などはカビ臭くなっているかも。

 

ある日突然カビを見つけてがっかりする前に、押し入れやクローゼットの中をチェックしてみましょう。
ポイントとしては、しばらく使っていないもの、しまい込んだままのものがカビ臭くないか、目に見えるカビがないかどうかです。

 

それで何も気にならなければ一安心ですが、一部でもカビの臭いやそれらしきものが見つかったら、いますぐ湿気取り対策を!
手軽な対処法から本格的な対策まで、この後にご紹介しますので、さっそく試してみてはいかがでしょうか?

 

 

室内の湿度が高くなる原因として、そのお部屋が浴室の近くにあるという場合もあります。
毎日、浴室のドアを開閉するたびに湿気が流出し、それが近くのお部屋に充満してしまう…

 

日当たりが良くて乾燥しやすいお部屋なら問題ないですが、そうではない北寄りのお部屋などは、どうしても湿気がこもりがちです。

 

浴室内のカビ予防のために湿気を早くとりたくて、しばらく換気扇を回した後は浴室のドアを開放してしまう方もいるようです。
しかしこの場合、たしかに浴室の湿度は下がっても、その分、近くのお部屋の湿度が急上昇してしまいます。

 

浴室は本来、湿気があって当然ですから、他のお部屋の壁にまで水滴をつけてしまうかもしれない行為を、わざわざすることはないですよね。
お部屋には、衣服や寝具、皮革製品など、カビを寄せつけるものがたくさん置いてあります。

 

お布団が、新品のときよりもずっしり重くなったと感じたら、それは湿気のしわざです。
湿気による水分を吸収して、お布団が重くなっているので、すでにカビ臭くなっているかもしれません。

 

浴室付近にあるお部屋の湿気対策としてはまず、浴室の出入りを素早くし、最小限にとどめるということを心掛けてみましょう。
そして入浴後は、浴室がじゅうぶんに乾燥するまでドアを開けないのもポイントです。

 

それを実行してもまだ不安だなあという場合は、この後にご紹介する方法も参考にしてみてください。

 

 

お家の構造自体が、湿気を作りやすくしてしまう場合もあります。
たとえば、低すぎる床下とか、また近年の建築技術による気密性の高さです。

 

一戸建てでも集合住宅でも、非常に高い気密性が求められ、それによって冷暖房の効果はより期待できますが、同時に湿度も高くなってしまいます。
本来、家屋には通気性が必要です。気密性が高まると、空気がよどんで湿気の原因となります。

 

お家の中で、いつもドアを閉めたままというお部屋があれば、そこには湿気がこもっています。
だからといって、通気性の良いお家に建て直そうというわけにはいかないですよね。

 

そんな場合でも手軽にできる湿気対策について、のちほどご紹介します。

 

また、実際はたいして乾燥していないのに、保湿をしなくてはと神経質になるあまり、つい習慣でずっと加湿器を使っていること、ありませんか?
むやみに加湿器を使用し続けることも、湿気を増やしてしまう大きな原因です。

 

本当に空気が乾燥しているのかどうか、お部屋に湿度計を置いてチェックし、必要がない場合は加湿器をこまめに止めるといいですね。
ご家庭内の湿気で悩んでいる方は多く、皆さん工夫して、お手軽な湿気対策を編み出しているようです。

 

そのいろいろな対策法をご案内しますので、あなたに合う方法から実践してみてはいかがでしょうか?

 

左のサイドバーから各項目を選択してください。

Sponsored Link